FC2ブログ

要塞型近接支援弾幕百貨店さいたま

とある弾幕シューターの記録。

BLOGTOP » クリムゾンクローバー » TITLE … クリムゾンクローバー ブーストモードの稼ぎ参考資料

クリムゾンクローバー ブーストモードの稼ぎ参考資料

ブーストモードの稼ぎ向け参考資料です。
※一部調査が甘い部分もあるため、間違った情報が混じっている可能性があります。
2015/3/7 撃ち込み点とランク周りの情報を中心に修正

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

・スコアが増える要素

・敵の撃破点
敵の素点xブレイクレートxロック倍率が得点として加算される。
ブレイクレート最大16倍xロック倍率最大12.8倍で、最大204.8倍
稼ぎの基本中の基本。稼ぎの半分近くがこれなので基本にして最も重要な要素。
敵の素点については公式サイトに記載されているので、そちらを参照のこと

・撃ち込み点
ブレイクモード中のみ加算。ショット及びロックオンシュートを敵に撃ち込むことで
敵に与えたダメージに比例した得点が加算される。
撃ち込み点は星アイテム累計数に比例しており、
おおむね1秒間接射した場合、星累計数と同等の数値がスコアに加算される。
※Z機体のみ、他機体比63%の点しか入らない


ロックオンシュートを当てた際にも撃ち込み点が入り、32ロックで星累計の1.14倍程度のスコアが加算される。
(例えば星累計10万なら11.4万程度)
※タイプ3はロックオン撃ち込み点はゼロ。Z機体は累計の50%しか入らない。

・★アイテムの点
いくつか種類があり、それぞれ敵の撃破点同様にブレイクレートxロック倍率がかかる。
倍率はその星が出現時のレートxロック倍率が適用されるので、回収途中で倍率タイマーが切れたとしても加算されるスコアは変わらない。
ただし、ハイドラスフィア、ダイダロス、クワトロベルス、バルバドス、アルラレシア大、デスペラード、ブラッドクロウと、5面終盤に出てくるヘカトンケイル&シュトロムに関しては、二段階の爆発&星出現が存在し、2回目の爆発の時に倍率タイマーが切れていると、出現した星に倍率がかからなくなってしまう。
例外としてボスの最終形態をフルロック撃破した場合、出現する星には全て倍率が適用される。

ブレイク中の撃ち込み→小星10点(最大2040点)累計+1
敵撃破時→大星50点(最大10240点)累計+3
ロックオンシュートを敵に当てる→小星60点(最大点12240点)累計+7※タイプ3は出ない
弾消し時→大星20点(最大4090点)累計+1
ボス最終形態をブレイク中にフルロック撃破→大星100点(最大20480点)累計+5

回収については、ロックオンシュートで倒した敵が出した星アイテムは全て自動で回収される。
撃ちこみ、弾消しで出現した星アイテムに関しては、
自機かオプションの縦軸を合わせる(ロックオンサイト展開中は軸を合わせても回収されない)
ロックオンサイト(緑のワク)を出現した星アイテムに触れさせる
このどちらかの動作をすれば自動で回収される。

星アイテムは稼ぐことで、
1.残機が増える(10万、25万、45万、70万の4回)
2.ブレイク中の走行点が上昇。
3.ブレイク中の撃ち込み点が上昇。
4.クリアボーナスの上昇。
以上の恩恵が受けられる。
ただし、稼ぐとランクが上昇し、敵弾がより速くなる
(ちなみにオリジナル・アンリミテッドモードでも、累計に比例してランクが上昇する)

・ブーストカウントボーナス
ブレイクモードで進行すると30秒ごとに加算されるボーナス点。
最初は1000万点で、1回もらうごとに追加で20万点ずつ増加する
ボス戦や中ボス戦中は時間経過で増えないが、パーツを破壊したり、形態変化させると一定量増加する。
増加量はパーツやボスの形態によって固定で、ブレイクゲージMAX時は2倍の秒数が加算される。
ボムor被弾でブレイクが解除されると、30秒刻みでタイマーが巻き戻ってしまう

・ブレイク走行点
道中のみ、ブレイク状態で進行すると何もしなくても得点が加算される。
おおよそ1秒あたり、星アイテム累計の半分ほどの数値が得点として加算。
ブレイクゲージMAX時は2倍になる。
※Z機体のみ、他機体比50%の点しか入らない

・クリアボーナス
ノーミス時は面数x1000万点。5面のみ6000万(コンテ後に5面ノーミスした場合は5000万)
ステージ内獲得星数x100点
累計星獲得数x100点
ALL時は残機x3000万点



・ブレイクモードについて
ブレイクモードになると、全機体ともショット範囲が広がり、タイプ3を除きショット威力が上昇するが、
代わりに、密着時のショット火力が全機体とも低下する。

ただし、通常時24個までのロックオン最大数が28まで増加
さらにボムスタンバイ状態になると最大32ロックが開放されるため、
ロックオンシュートを含めた総合火力ではノーマル時より上になる。

32ロックで12.8倍
28ロックで11.2倍のロックオン倍率がかけられる

発動直後はブレイクレートが8倍になり、ゲージが空になる。
このゲームの得点は、「敵の素点xブレイクレートxロック倍率」なので、
ブレイクモードを発動するだけでノーマル時の数倍のスコアを稼ぐことが可能になる。
ブレイクレートはゲージと完全に連動しており、ゲージMAXまで貯めることで最大16倍まで上昇する

ブレイクゲージは、Eアイテム取得による上昇を除くと、
『敵を撃破する』 『敵にショットを撃ち込む』 『敵にロックオンシュートを当てる』の
三種類の方法で増加する。
自機を敵に密着させたり、オプションを敵にめり込ませて撃ち込むことで素早くゲージを貯めることが可能。
ロックオン倍率タイマーが作動中は、倍率の数値に比例して上昇速度がさらに速くなる。

※唯一、タイプ3のみは、ロックオンシュートを当てた時のゲージ上昇がない。

ちなみに、Exボス戦でボスがバリア展開中にロックオンシュートを放ち、相殺されると
『ロックオンシュートで敵を撃破した』扱いとなり、ゲージが増える。

また、ブレイク発動エフェクト中(=ゲージ減少中)は、敵を倒したり、撃ち込んだりしても
ブレイク発動後のゲージが増えたりはしないので、
発動エフェクト中に敵を倒したりするのは、スコア的には損ということになる。
ロックを掛けて待機し、発動直後に11.2倍がけを狙うのがお得。
(早回し可能な地帯を除く)

ブレイク中は道中で走行点が加算。60フレームごとに星アイテム累計と同じぐらいの点が加算される
各面の道中で増加する秒数の目安は以下のとおり
タイマー稼動時間 フレーム数 秒数
1面 3220 107.3
2面前半 2150 71.6
2面後半 2046 68.2
3面前半 2566 85.5
3面後半 4199 139.9
4面前半 2336 77.8
4面中盤 159 5.3
4面後半 1897 63.2
5面前半 5142 171.4
5面中盤 4891 163
合計 28606 953.2

各機体のショット火力
単位は1面ボスタイタニクスの体力ゲージのドット数。
各機体とも60フレーム撃ち込んで減少したドット数を計測

タイプ1
通常ショット16、密着時32
ブレイク時ショット24、密着時30

タイプ2
通常ショット18、密着時38
ブレイク時ショット24、密着時30

タイプ3
通常ショット26、密着時52
ブレイク時ショット24、密着時30

タイプZ
通常ショット28、密着時58
ブレイク時ショット30、密着時38

ロックオンシュートの威力
通常時24ロック 26
ブレイク時32ロック 32


・基本的な稼ぎの流れ


ブレイクモード(ブレイクレート16倍)を可能な限り維持し、
ロック倍率12.8倍をしっかり狙う(一番重要!)

まずはショットを止めてフルロック開放で12.8倍の倍率タイマーをかけ、
倍率タイマーが切れるまで敵を殲滅する。
ショット・ロックどちらで敵を倒しても倍率は適用されるが、
ショット撃ちこみによる星アイテム出現量の方がはるかに多いので、
出来るだけショットメインで進めていくと良い。
また、12.8倍のタイマー作動中は星出現数に補正がかかっているようで、
12.4倍以下のタイマー時よりも星アイテムが多くもらえる。

タイマーが切れたら再びフルロックをかけ、タイマーを作動させる。
タイマーを始動させる箇所は可能な限り固定化して、毎回同じところで始動させるのが
生き残る&稼ぐためのポイント。
(もし倍率がけを失敗しても、あわててかけなおしたりしない方が良い)

ブレイク後は死なない程度にブレイク走行を続け、危険になるまえにボムで解除していくこと。
ボム箇所は毎回同じ地点で固定することで、よりパターン化をしやすくなるので決めボムがオススメ。
ある程度慣れてきたら、ボムらずに少しずつ走行時間を延ばしていくと良い。

ボス・中ボス戦に関しては、どれも撃破点が高いため、各形態を最高倍率で破壊することを狙っていく。
破壊可能パーツがあるボスの場合は、パーツをロック破壊することでスコアが伸ばせるのに加え、
12.8倍のタイマーを数秒間作動させられ、その間のショット・ロック撃ち込みによる
星アイテムの価値が大幅にアップするので、パーツへの倍率がけも積極的に狙っていきたいところ。

ボス・中ボスが出すアイテムに関しては、1・2面ボスと2・3・4面の中ボスでは、ボム後Eアイテム回収。
3面・4面・5面ボスと、5面中ボスは、ボム後星アイテムを回収がオススメ。

タイマーボーナスは、道中を無理にブレイク走行するよりも、ボスのパーツや形態をブレイク状態で壊していくことを意識する方が結果的に伸びる。
タイマー増加量はパーツや形態によって固定で、ブレイクレート16倍時は増加量が2倍になるので、基本はゲージMAX状態で。
もしMAXでない時には、撃ち込みでゲージを稼ぐことも有効。
4ボスの第二形態の砲台稼ぎはかなりタイマーが稼げる名所なので、速攻せずに砲台のみを積極的に狙っていくと良い。
5ボス最終形態とクリムゾンハートの2形態は、ゲージMAX撃破すると90秒(ボーナス3回分)ももらえるため、可能なら狙っていきたいところ。


・ランクと撃ち返し弾の処理

ブーストモードでは、推定28~30段階程度のランクが設定されていると思われる。

ランクが上昇する行動は以下のとおり
・ブレイクモードを発動する(ランク+8)
・ブレイクレート16倍到達(ランク+4)
・ブレイクレート16倍状態で星アイテムを1万稼ぐ(ランク+1)
・星アイテム累計を10万稼ぐ(ランク+1)
・ボムを撃つ(1発あたりランク+1)

上の3種類は、ボムを撃つか被弾してブレイクモードが解除されると完全にリセットされる。
ボム発動によるランク上昇は、被弾するか、ボムリカバーを取得するとリセットされる。
(星アイテムを稼ぐことによるライン引き下げではランクは下がらないので注意!)
唯一、星累計によって上昇したランクは下げることは不可能。

撃ち返し弾は、ブレイク発動後、タイマーカウントに比例して数が増加し、速度も上昇する。
3分30秒ほどで最大数・最高速になる。
撃ち返し弾の速度は、破壊した敵の位置が自機から近ければ遅くなり、離れるほど速くなる。

また、撃ち返し弾の速度もランクに比例しており、大体合計ランク20を超えるあたりから目で追うのが困難な速度になる。

撃ち返し弾を封印するには、
1.撃破した敵の爆風に自機が重なっている
2.爆風よりも自機が上部にいる
この2つの方法で封印が可能。
2面のクワトロベルスや、3面の大ラフレシアなど、撃破後に遅れて爆発する大型敵は
撃破後、時間差で撃ち返し弾を発生させるため、注意が必要。
幸い、封印範囲は広いので爆発する敵グラフィックに重なっていると良い。

小型敵の撃ち返し弾は、撃破した位置が画面外~最上部では左右に分かれる2Way自機外しが発生し、
最上部より下では自機狙い単発弾が発生。
アイギスやヴォレイなどの中型機はリング状の弾を、ブラックハウンドやスティングレイなどは横に並んだライン状の弾を返してくるが、どちらも自機の地点で収束するので、真横に移動すれば容易に避けることが可能。

・倍率タイマーとロックオンの仕様

倍率タイマー下の数値の単位はフレームで、最大は999(約16.65秒)
タイマーの初期値は135フレームで、
始動させたロックオンシュートで倒した敵1体ごとに+6フレーム
(つまり、敵1体で始動させた場合は141フレームが初期値)
小型戦車のように砲塔と本体がわかれている敵の場合、1ロックで2体破壊した
扱いとなるため、初期値が1体ごとに+12フレームされる。

タイマー作動後は、敵1体倒すごとに+3フレームで、どの敵でも同じ。
倒す敵が少数の場合はロックオン・ショットどちらで倒しても変わらない模様。
ただし、戦車やルメイダなどを大量にロックオン破壊し、砲塔と本体との総破壊数が32を超えた場合は、
タイマー増加量にボーナスが入り、大きく増やすことが可能な模様。

弾消しは1発あたり+1フレーム増加。
(弾消し敵1体で始動させ、弾消しが50発あった場合は191フレームが初期値)

低倍率のタイマーをより高倍率のタイマーで上書きした場合は+60フレームが加算される。

ロックオンシュートの開放→着弾速度は機体差があり、
タイプ1・Zが最速で、33~36フレーム。
次いでタイプ2が34~37フレーム。
タイプ3はもっとも遅く、36~45フレーム。
さらに開放から次のロックオンが可能になるまでに合計50フレームかかる。

ロックオンは、敵が自機に近いほどより早くかかる。
近距離の場合は機体差はないが、タイプZは遠距離での展開速度が速く、より遠くの敵に素早くロックオンがかけられる。タイプ1もZほどではないが展開速度が速い。
タイプ2と3は、遠距離での展開速度が同じ。
また、同じ敵にフルロックをかけたい場合は、広げて待つよりも、敵が出現してからロックオンサイトを展開した方がかかりが早くなる。
広範囲の複数の敵にフルロックをかける場合は、あらかじめ広げておいた方が早くかかる場合がある。

同一の敵にロックオンがかかる数は、その敵の残体力によって変化するため、
フルロックをかけたい場合はダメージを与える前にロックをかけておく必要がある。
ちなみに、アイギスには、出現直後の無敵時間中(殻が開く前)に接近してロックをかけることで
開いてからかけるよりも、多くロックをかけることができる。


星の稼ぎ方と70万エクステンドを狙う方法

星アイテムの出現量は、ブレイク中のショット撃ち込みで約300~350個/1秒
ロックオンシュートを当てた場合は、32ロックで224個が出現する(※タイプ3は出ない)
それに加え、レート16倍時に敵に密着して撃ち込むことで、星アイテムの出現量を増加させることができる
出現量は約500~550個/1秒で、通常撃ちこみより200個ほど増えるため、積極的に狙うことで星累計を上乗せすることが可能。

さらに、接射時に倍率タイマー12.8倍がかかっていると、星の点だけで1秒あたり100万点増える計算となる
これだけ見るとあまり価値はないように思えるが、それだけではなく、
その後のクリアボーナス、走行点、撃ちこみ点全て上昇するので、長い目で見ればかなりの価値がある。
(たとえば1面で星1万稼ぐと、最終的に3000万~4000万程度の上乗せになる。ただしZ機は約半分)

特にボス戦では、オリジナルモードのように時間経過による倍率の減少がないため、
破壊可能パーツがない場合は、ロックオンを連打して撃ち込むよりも、
密着してショットのみでダメージを与えていく方が、スコア的にはお得になる。
ただし、粘りすぎるとボスが自爆して、ほぼ回避不能の全方位高密度高速弾が炸裂するので注意。

また、ほとんどの敵は出現前の画面外にいる時でも撃ち込み判定が発生しているが、
画面内に入るまでは無敵状態であるため、その間にショットを撃ち込んでおくことで
その敵を破壊せずに星アイテムと撃ち込み点だけをわずかながら稼ぐ事ができる。
特に地上の戦車などは接触判定もなく、重なると撃ってこなくなるため、狙いやすい。

他には、弾消しの起こる敵を破壊する際、なるべく弾が多い状態で撃破して弾消しを多く発生させると、
弾消しによる星アイテムをわずかながら稼ぐことができる。
ちなみに弾消し点そのものも1発あたり70点(星アイテムは20点なので合計90点)あるため、余裕があれば狙っていきたいところ。

70万エクステンドを狙うために星を大幅に稼ぐ方法としては、

・2面以降のボス戦において、最終形態に入ったらボムを撃ち、可能ならブレイク復帰後、ボスの星アイテムパックを取得する。

この方法の場合、次ステージのランクが少し上がってしまうというリスクがあるものの、
比較的低リスクで通常プレイ時より星を9万も増やせる。
さらに5面中ボスで星アイテムを取り、下から2ボスが出てくる地帯を抜けたらボム、とすれば
合計+11.5万となり、70万エクステンドはかなり近くなるはず。
各ボスの最終形態を楽に突破でき、スコアもあまり大幅に落とさずにランクを下げられるというメリットもある。

・4面ボス第二形態で、ブレイク状態で砲台をひたすら破壊しまくる。

この方法は二種類のやり方があり、ロック状態固定でショットのみで砲台を壊す方法と、
砲台にフルロックをかけてショットで少し炙り、開放して12.8倍を掛けて壊す方法の二通り。
後者の方が難しい。
リスクは高いものの、この形態だけで星累計を4万~5万上乗せすることが可能。
また、最終的にスコア稼ぎをやる上では必須になる。



・ボムについて

ボムを発動すると、ボムラインまでの量のゲージを消費してボム発動。残りが発動後のゲージ量になる。
最初はゲージの20%消費で、1ボム撃つごとに9.6%必要量が増加する。9回連続ボムを撃つことで
必要ゲージ量が99%まで増加する。
ブレイク中にボムを発動した場合、ボムラインまでの量のゲージを消費するのは同じだが、
ブレイク状態解除によるゲージ半減が起こるため、残量はボム発動後ゲージの半分になる。
(例えば、ゲージMAXでボムを撃ってブレイク解除する場合、20%消費後の半分、
 40%が残りゲージ量になり、次のボム消費量が29.6%になる)

増加した必要ゲージ量は、ボムリカバーの他に、星アイテムを稼ぐことで低下させることも可能。
星1万稼ぐごとにボムに必要なゲージ量が約3%低下するため、3万2千ほど稼げば
ゲージは初期値に戻る。ただし、ボス・中ボスの出す星アイテムパックでは、
必要なゲージ量は減少しない。

また、ボムを1発撃つごとにランクが上昇し、敵弾の速度が上昇する。
3発撃つあたりから見てわかるほど速度が上昇するため、単純にボム連打するだけでは
逆に危険になるようになっている。

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)